更新情報

2016/05/13
日本にいながらMBAの取得方法の情報を更新しました。
2016/02/15
国内で取得できるMBAのためのポイントを新規投稿しました。
2016/02/14
ビジネススクールで取得することはどうかを新規投稿しました。
2016/02/13
MBAを通信制で取得する方法についてを新規投稿しました。
2016/02/12
更新担当者を新規投稿しました。

日本にいながらMBAの取得方法

uktkud
MBAの取得方法には主に、4パターンの方法があります。海外での取得、国内フルタイム、国内パートタイム、通信教育となります。様々な方法があり、自分のスキルや仕事などのスタイルに合わせた取得方法が選べます。いくつかの方法の中でここでは、国内でMBAを取得することと、方法についてお伝えいたします。

取得方法の違いで・・・

どの方法も結果的に、MBAを取得することができます。しかし、取得する方法によってはコストや時間が変わってきます。通常、海外でのMBA取得を考えた場合、高額の費用がかってきます。ですが、国内でのMBA取得ならば、コストを抑えMBAの取得が可能です。

海外でのMBAはいくらかかる?

海外での留学になると、約2,000万円程必要になってきます。さらに、生活費や家賃などの費用がかかります。また、留学となりますので、仕事を休業するか、辞めるかの選択になってしまうことがあります。

日本での取得はいくらくらい?

日本での取得の場合、500万〜600万円程で取得が可能になります。仕事もやめる必要もなく、週末や夜間を利用し授業を受けたりできますので、費用と様々なことは海外での取得に比べると、負担が少なくなります。

どんな方法があるのか?

日本にいながら、フルタイムで学ぶ方法と、仕事を続けながら週末や平日の夜など空いた時間を利用して取得する方法もあります。また、通信教育(オンライン)での方法もあります。簡単に言えばいつでも出来るということになります。自分の都合に合わせた、取得方法のパターンを選び効率よく取得が出来るということです。

通常ですと

MBA取得の基本は、海外に留学し1年〜2年の期間滞在し習得することになります。さらに、海外に留学するまでの準備期間は約1年〜2年程かかると言われています。日本にいながらMBAを所得すことはかなり効率的な方法だといえます。

日本で取得するためのスキル

やはり、英語は必須です。日本での通信やオンライン、どちらにしても英語力が必要になります。事前に英語力を鍛え挑む必要があります。とくにオンラインでの取得は制限やコストが少ない分レベルは高いと言えます。とにかく、仕事や生活などの他の事もいつも通り行いながらのMBA取得のための学習になりますので準備と覚悟は必要です。

海外でのMBAでないと・・・

このような感覚がいまはもう古い感覚になりました。どこにいても取得が可能です。日本で取得したからといって、良くないなんていうことはありません。まったく問題なく、海外で取得したものと同じです。

MBAは自己投資

海外での取得ほどかからないといっても、高額な費用がかかります。確実に予定の期間と費用で取得するために計画と最低限のスキル、下準備は大事です。ご自身のキャリアやこれからの将来なども関係してくることでしょう。また、今の仕事の状況なども考え、計画的なMBA取得の作戦が必要です。じっくり準備しても遅くはないことです。軽いノリでは困難な資格の一つなので、よく考えて行う必要はとてもあります。

日本でのMBA取得方法は・・・

コストを抑えて取得することが可能で、仕事や生活環境を変えることなく今までの日常はそのままで学ぶことができ取得できる方法が日本にあります。しかし、英語力などの必要最低限のスキルがないととても難しいことになります。最大の取得方法は、自分のスキルをしっかり理解することと、仕事や環境を考えどのくらいの時間や費用をかけたりすることが出来るかの計画性が重要です。また、今後の自分の道、やりたい仕事などに必要なことやスキルなどといった細かい部分も影響があり大事なことになります。
■MBA取得ならMBA マサチューセッツ大学MBA http://umass-mba.com/

△PAGE TOP